スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

横浜:吉村家

2006.08.28(01:13)
系じゃなくて家そのもの




ホワイトプルメリアさんのブログを見てたら
久しぶりに吉村家に行きたくなり、
更に丁度良いことに横浜に用事ができたので
?年ぶりに吉村家に行ってきました。
(新杉田駅から横浜駅に移ってからは初めて)

僕にとってこの店は思い出の店、青春の味といったところ。

高校生の時に根岸線の車内から
ラーメン吉村家と書かれたバラックのような建物に
並ぶ行列を見ていつも不思議に思ってた。

あの店は一体なんなんだろう?

当時は確か朝6時位から営業していた。
朝っぱらから、トラックの運ちゃんたちがラーメンを食ってる。

行きたい!でも怪しい!
大体ヨシムラケってなに?人の家?
指のマークがあったら葬式だぞ?

当時は横浜のラーメンといえばサンマー麺が筆頭という時代。
でも、あの店は絶対そういうものを出す店じゃない。
もうこれは直感である。
そして興味を持ったら先っちょから突っ走るのが青春。
遂に意を決して友達と「ヨシムラケ」に土曜の午後に挑戦したのである。

制服で行列に並ぶ。店の様子を眺めると、
空いた席から座るのではなく、完全入れ替え制のシステムにまず驚く。
友達が早くも「俺食べるの遅いよ~」と不安を漏らす。
「そんなの気にするなって!」まだ余裕の僕。

そんな僕の余裕もメニューを見て瓦解する。

「ラーメン:時価」

えええええええええええ!

時価である。
時価、時価、時価・・じか、ジカ。

時はバブルの真っ只中。
深夜、六本木カローラと呼ばれたBMW(ベンベ)に乗った証券マンが
ついさっきまでジュリアナのお立ち台で踊ってた
ワンレンボディコンのイケイケギャルを連れてメニューのない寿司屋に入る・・・

それが僕の当時の時価のイメージ。

一方、当時の僕たち高校生のアルバイトの時給が650円
そんな寿司屋でカッパ巻食べたら、後はガリしか食えん。

やばい、これはやばい。
でももう並んでしまってる。次回が僕たちが店に入る番だ。
しかも店員のオバちゃんが、まだ店に入ってないのに
行列から注文を聞き始めている。

「注文は?」
「ラーメンで」
「普通盛りでいいの?」
「は、はい!!」

時価のラーメンを大盛りにしたら
一体どんなことになってしまうんだ?

友達と小声で

「今日いくら持ってる?」
「2000円くらい」
「俺もそんくらい」

その会話を交わした後、3秒ほど友達と目を合わせたが
その目はお互いにこう語っていたと思う。

「いざって時は一緒に皿を洗おうな!」

無言でうなずく2人。

yoshimuraya2.jpg


席に着くと、店長らしきオヤジの活気ある声が響きわたってる。
その活気に圧倒されるが、頭の中は「時価時価時価・・」

出てきたラーメンは今まで見たことも食べたこともない一杯。
食べたものが全て余計なエネルギーになる高校生には
ど真ん中のパワフルなラーメン。

ただ正直、その時は衝撃を受けたという記憶はない。
だってその時頭の中は「時価時価時価・・・」
更に友達はそれプラス「早く食べなきゃ・・・」
ということで支配されていたから。

スープを最後の一滴まで飲み干し、
2人で会計に向かう。
このときの足取りはきっと重かったと思う。

そして店員のオバちゃんが値段を口にする。

・・・

・・・

・・・

・・・

「ラーメン普通盛り、450円ね♪」

ええええええええええええええええええええええ!!
メチャクチャ安いじゃん!

その帰路、友達と
「そんなら時価って書くなよな!」
「ふざけんなよな!」
「マジびびって味よく解らなかった!」
「あんまりたいしたことなかったかもな!」
「ドンブリまで油っぽいし」
「あのオバちゃん注文全部覚えてるの凄くない?」
「あのオヤジがさー」

さっきまでの緊張から一転、
顔に言葉の礫をぶつけあうように饒舌な2人。

でも結局、僕達はヨシムラケではなくヨシムラヤ
また行くことになるのである。
それも足繁く。


今回、久しぶりに食べた吉村家。
最初の一口はあれ?こんな味だったっけ?
と思ったが、半分ほど食べた時に
あ、この味!この味!と思える瞬間が来た。

そして15年以上前の初「家系」のことが鮮明に思い出され
ひとりニヤニヤしながらラーメンを食べてしまったのである。

飲食店ってのは美味しいことは勿論なのだが、
潰れないことも非常に大事なのである。
なぜなら、お客の数だけ思い出があるのかもしれないのだから。

そんなことを思った特別な一杯。

吉村家についてはまだ思い出があるのだけど、
それはまたの機会に。

そして最後まで読んでくれた人ありがとう♪

↓横浜家系ラーメンのレビュー集を作りました。
にほんブログ村 トラックバックテーマ 横浜家系ラーメンへ
横浜家系ラーメン

自宅で吉村家を食べたくなったらここ!


スポンサーサイト
人気blogランキングへ

<<溝の口:味輝拉(あきら) | ホームへ | 新宿:さいたま屋>>

コメント
こんち^^/
バブル期の時価って・・・・怖いね^^
それも高校生だったらなおのこと。

オレの高校生の思い出のお店は、お好み焼き屋さんかな~、学校帰りよく食べたからね~。お盆に近くに車で行ってみたらまだ営業してました^^/
思い出のお店は大事ですね^^/

また遊びにきますね^^/

【2006/08/28 09:58】 | たか #- | [edit]
いやぁ~。おもしろかったス(^^)v
懐かしいですねぇ。
オレの思い出の味を思い出してみると、
・西明石駅前の餃子の王将
(回鍋肉に衝撃を受けた)
・明石の魚の棚商店街のはずれにあるお好み焼屋
ですかねぇ。

両方まだ潰れないで残ってますけど。
いずれも高校ん時によく食いました。
【2006/08/28 12:43】 | 太陽 #/7CmAM7k | [edit]
時価に対する思い入れが凄すぎる!!
ホント表現力に脱帽です。
この時間帯にマキ造さんの日記読むと腹が減りますよ。
一人で焼き鳥屋行くか・・・
【2006/08/28 18:47】 | aibo #sSHoJftA | [edit]
やっぱ皆様それぞれ思い出の味ってありますよね。

>たかさん
小学生の頃から行っていた地元のラーメン屋は
数年前に潰れてしまいました・・。
とても悲しいです。

>太陽さん
餃子の王将って餃子以外は
結構店によって味ばらばらですよね。
お好み焼き屋、商店街のはずれってのがいいですね。
僕はお好み焼き経験値が低いので
今度美味しいところ連れてって下さい。

>アイボーさん
>一人で焼き鳥屋行くか・・・

真っ直ぐ家に帰るという選択肢は・・。はい、愚問でした。(笑)
【2006/08/28 22:10】 | マクィス@管理人 #W4pc5dQ. | [edit]
家系はこの前初めて食べましたが、美味いですね。本家でいっぺん食べて見たいですよ。

私の高校生の頃の食べ物は「スガキヤ」。ラーメン1杯210円。この値段だから大食い勝負とかしたものです。

【2006/08/29 00:47】 | paki #mQop/nM. | [edit]
スガキヤは高田馬場にできたみたいですね。
僕は逆に横綱を食べてみたいですね。
千葉にあるみたいだけど遠いなぁ・・
【2006/08/30 09:37】 | マクィス@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://maquis49.blog71.fc2.com/tb.php/53-d93a6e14
| ホームへ |
プロフィール

マクィス

Author:マクィス
管理人のマクィスです。
面倒臭いのでマキでいいです。
基本的に何食べても美味しい
便利な舌。
食べ物は残さない、
文句を言わないが信条。

@@@@@@@@@@@

無料で募金ができるサイト

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。